マンスリー

梅雨明け

2020年8月2日(日) ようやく梅雨明け。あたらしい月に変わったとたんに、夏らしい青空になった。気づけば、春学期の授業はすべて終わり。ちょっとひと息である。いつもの学期なら、フィールドワークに出かけたりカレーキャラバンの活動があったり、あるいは…

イベント

2020年7月3日(金) そして7月。梅雨時だというのに、外の天気があまり気にならない。そう、外に行く予定がほとんどないからだ。規模はともかく、いわゆる「イベント」がない。淡々と、時間が流れてゆく。起伏のない、規則的な毎日だからかもしれない。そん…

衣替え

2020年6月1日(月) 学期がすすむにつれて、忙しくなってきた。もちろん、5週目あたりというのは、ふだんもこんな感じだが、オンラインの授業は準備に時間がかかる。授業や会議のほかに、学生との面談の予定を入れると、カレンダーの「余白」がなくなってい…

夜の散歩

2020年5月3日(日) 4月は、落ち着かなかった。本来であれば、一気にキャンパスが華やぐ時期だ。緊急事態宣言が出される前日に、(ひとまず)連休明けまでキャンパスへの立入禁止が決まったので(※そして、さらに延長)、4月6日に研究室を片づけに行って、そ…

残量75%

2020年4月1日(水) ‍あっという間に4月1日。あたらしい年度になった。ふり返ると、ちょうど1年前のこの日に「令和」が発表されたのだった。おなじ4月1日のはずなのに、ずいぶんちがう。引っ越し、就職、異動のお知らせなどが届いているが、それどころではな…

カレンダー

2020年3月1日(日) 🍵先日、仕事の帰りに「SFC30」という焼き印入りのどらやきをもらった。労いのしるしとしては、なかなか気が利いていると思った(ありがとうございます)。そう、今年は創設30年を迎える年なのだ。 ぼくたちは、「学事日程」が記されたカレ…

ちょっとエモい

2020年2月3日(月) 新年は6日から授業がはじまり、修士論文の提出、「卒プロ」の成果登録、さらに授業のほうも期末の課題を提出したり、成果報告会があったり。そう、いろいろとケジメをつける時節なのである。年末には、何本かの「ドラフト」を受け取った…

年越し

2020年1月2日(木) 12月も、あっという間だった。秋学期は終盤。年明けに数週間残されているものの、ぼんやりと「節目」が見えてきて、少し気が楽になる。中旬には、土屋さんに誘われて(加茂さんも一緒)台湾に出かけた。「台湾は初めてです」と言うと、み…

再会

2019年12月1日(日) 11月は、忙しかった。この10数年、「キャンプ」と称して学生たちとともに全国を巡るフィールドワークを続けているが、その一環で、奈良県の桜井市に出かけた。「おかしら日記」にも書いたとおり、長谷寺で朝の「勤行」を体験しつつ、秋…

聞いてない

2019年11月1日(金) あっという間に一か月。まだ慣れないことがたくさんあるが、こんな調子で毎日が過ぎていくのだろうか。会議の時間や数は、ここ数年とさほど変わらないものの、なんだか疲れ方がちがう。「おかしら日記」は、順調にバトンが渡っている。…

走りながら

2019年10月1日(火) 本日、10月1日付けで、大学院 政策・メディア研究科委員長の役目を担うことになった。総合政策、環境情報の両学部長も、あたらしい。引き継ぎなどもふくめて、諸々の調整や手続きをすすめている間に、新学期になった。ずいぶん、慌ただ…