Don't let your guard down

Friday, July 2, 2021 SOURCE: https://www.sfc.keio.ac.jp/emergency/sfc_covid-19/message/20210702e.html Before we know it, we find ourselves in July. Vaccinations at Mita Campus, which started on June 21, are proceeding smoothly. According t…

16か月

[30] 2021年7月20日(火) (6月19日〜7月18日)この1か月の間に、第3回目の緊急事態宣言が解除され、(一部の授業が)対面に戻ったと思ったら、ドタバタと第4回目の緊急事態宣言。あっという間に春学期が終わってしまった。松葉杖で過ごして、(画面で)花…

行ったり来たり

2021年7月10日(土) 6月の初めに、大学での職域接種がはじまることが発表された。予約システムさえまだ動いていないのに、なんだか明るい気持ちになった。くわえて、緊急事態宣言の解除にともなって、一部については対面の授業を再開した。4月にキャンパス…

10年後のある1日。

この文章は、大学院アカデミックプロジェクト(AP)「経験の学」 で、大学院生たちと「未来」について語り合うなかから生まれました。学生3名とぼくの4名で、お互いの未来観を参照しながらリレー形式で綴った文章です。ぼくは、鈴木俊介→若月泰生→熊谷啓孝(…

気持ちを緩めずに。

2021年7月2日(金) あっという間に7月になりました。6月21日にスタートした三田キャンパスでのワクチン接種は、順調にすすんでいます。予約サイトによると、7月1日現在、31,400人が予約を済ませているとのこと。ネット上の書き込みを見るかぎり、手続きをは…

Be wise, be humble.

Friday, June 11, 2021 SOURCE: https://www.sfc.keio.ac.jp/emergency/sfc_covid-19/message/20210611e.html On June 7th, we received great news regarding workplace vaccinations for the coronavirus disease (COVID-19). As you may have already see…

15か月

[28] 2021年6月23日(水) (5月19日〜6月18日)オンラインに移行して数週間。5月後半は、淡々とすすんだ。あたらしい塾長のもとで新体制がはじまり、ほどなく慶應でもワクチン接種(職域接種)をはじめるという朗報。6月20日の緊急事態宣言解除(予定)を見…

賢く、慎ましく。

2021年6月11日(金) SFC生の皆さんへ、新型コロナへの対応状況について(2021年6月11日) | 慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(SFC) より転載 6月7日、うれしいニュースが届きました。すでに目にしているかもしれませんが、新型コロナウイルスワクチンの「…

Now is the time for communication

Friday, May 21, 2021 SOURCE: https://www.sfc.keio.ac.jp/emergency/sfc_covid-19/message/20210521e.html In the blink of an eye, the second half of the spring semester is upon us. For the first few weeks of the semester, I was able to meet ev…

大学のいま

2021年6月8日(火) 出典:大学のいま|政策・メディア研究科委員長 加藤 文俊 | 慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(SFC) あの騒ぎがきっかけになって、本格的な検討がはじまった。あたらしく導入された「時間割」は、ようやく定着してきたようだ。最初はや…

折り返し

2021年6月4日(金) いろいろと書き留めておかないと、すぐにわからなくなる。ゴールデンウィーク明けの5月7日、11日までだったはずの緊急事態宣言が5月末まで延長されることが決まった。5月28日になって、さらに6月20日まで。結局のところは、2か月近くは緊…

いまこそ、コミュニケーション。

SFC生の皆さんへ、新型コロナへの対応状況について | 慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(SFC) より転載。 2021年5月21日(金) あっという間に春学期も後半です。学期がはじまって、最初の数週間は、オンキャンパスの授業でみなさんに会うことができました…

14か月

[27] 2021年5月21日(金) (4月19日〜5月18日)新学期をむかえて、最初の数週間はオンキャンパスで授業をおこなっていたものの、学内の感染者数も増えはじめ、やがて3回目の緊急事態宣言。去年のいまごろのように、授業はすべてオンラインに移行した。5月9…

こどもの日

2021年5月5日(水) いくつになっても、誕生日は「こどもの日」だ。友人、同僚、お世話になっているかたがた、そして卒業生や学生たちからも、お祝いのメッセージが届いた。あらためて、みなさん、ありがとうございました。そして、同じ「こどもの日」生まれ…

2年目へ

[26] 2021年4月24日(土) (3月19日〜4月18日)卒業、そして入学。さまざまな「節目」の多い1か月だった。この記録も、気づけばすでに2年目。 「ひと月」(3月4日〜4月15日) 「ふた月」(4月16日〜5月15日) 「3か月」(5月16日〜6月19日) 「4か月」(6月…

名前を呼び合う

[25] 2021年4月17日(土) 25.1 あたりまえのこと 昨年度、教員による大学への貢献のなかで、とくに顕著な活動を讃えようという、アワードがあたらしく設けられることになった*1。なるほど、たしかに昨年度は、授業のオンライン化のために時間とエネルギーを…

残量25%

2021年4月10日(土) 一昨年の秋にはじまって、2年間という任期である。COVID-19に翻弄されているうちに、「残量25%」になっていた。じぶんのスマホのことを思い浮かべると、「25%」というのは、そろそろ充電が必要だと感じる頃合いだ。(ちょうど去年の今…

あたらしい景色

2021年4月6日(火) 出典:あたらしい景色|政策・メディア研究科委員長 加藤 文俊 | 慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(SFC) いつもなら見えるはずの富士山は、空に隠れていた。トンネルを抜けると、ほどなく「70代を高齢者と言わない街」というスローガン…

As the New Semester Begins ー To all new students at the Graduate school of Media and Governance

Source: As the New Semester Begins ー To all new students at the Graduate school of Media and Governance | Graduate School of Media and Governance, Keio University April 2, 2021 A heartfelt welcome and congratulations to all new students i…

新学期をむかえるにあたって 政策・メディア研究科 新入生・在学生のみなさんへ

出典:新学期をむかえるにあたって ― 大学院政策・メディア研究科 新入生のみなさんへ | 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 2021年4月2日 大学院政策・メディア研究科にご入学のみなさん、おめでとうございます。心よりお祝い申しあげます。今年の入学…

12か月

[24] 2021年3月28日(日) (2月19日〜3月18日)2020年3月4日から月ごとの記録をはじめたので、すでに1年が過ぎた。オンラインでの会議や面談は、「ふつう」になった。良くも悪くも慣れてしまって、なんだか起伏のない毎日を過ごしている感じはある。少しず…

展覧会を開く

[23] 2021年3月24日(水) 23.1 成果をまちに還す 年度末には、1年間の活動を紹介するちいさな展覧会を開いている。もともとのきっかけは、2003年にさかのぼる。学生からの情報で、デザインや建築系の学生有志が「卒業制作展」を企画していることを知った。…

歳月

2021年3月6日(土) けっきょく、「緊急事態宣言」は再延長された。まちは少しずつ春めいて、道ゆく人の姿が多くなってきた。大学生は春休み、そして卒業シーズンである。いずれふり返るときが来るはずだと思って日々のようすを記録しているが、季節はめぐり…

11か月

[22] 2021年2月20日(土) (1月19日〜2月18日)この記録は、大学の授業や校務にかんすることが中心で、プライベートなことは省いたものだ。実際には、外出も旅行もままならないので、記載されていない日も、ディスプレイを眺めている時間が長いように思う。…

学期末

2021年2月18日(木) 「マンスリー」というカテゴリーで、月のはじまりに文章を書いている。今月はかなり遅れてしまって、すでに2月は半分以上が過ぎ去った。この学期末は、いつになく慌ただしかった。先延ばしにして、きちんと向き合っていなかった原稿(こ…

会議

2021年2月9日(火)*1 話が長いとか、短いとか。そんなものは、人それぞれだ。ぼくのような「おじさん」こそが、説教じみた話を長々としないように気をつけなければならないはずだ。もとより、長い短いは、誰とどこで何を話すのかによって大きく変わる。コミ…

10か月

[21] 2021年1月22日(金) (12月19日〜1月18日)半年もすれば必要なくなるだろうと思っていた、「コロナと大学」の備忘録(月ごとのざっくりした動静メモ)。あたらしい年を迎えて、この暮らしが10か月も続いてきたことを思い知る。時計だけは、確実に動い…

迎春

2021年1月2日(土) いまの状況が、これほど長くつづくとは思っていなかった。去年のいまごろは、あたらしい役目を担うようになって2か月、いよいよ本格的にがんばろうという気持ちが高まっていた(もちろん、いまでもその気持ちはある…)。学期末のドタバタ…

9か月

[20] 2020年12月30日(水) (11月19日〜12月18日)引き続き、(備忘もかねて)月ごとの記録を更新しておこう。この記録が、これほどつづくとは想像していなかった。「ひと月」(3月4日〜4月15日)、「ふた月」(4月16日〜5月15日)、「3か月」(5月16日〜6…

キャンパスに戻って考えた

[19] 2020年12月29日(火) 19.1 秋学期が終わった 秋学期が終わった。COVID-19のせいで学事日程が大きく変わり、年内にすべての授業を終えることになった。ふだんなら年末年始の冬休みを挟むこともあって、秋学期は長く感じるものなのに、はじまってからは…