サボる

2020年12月4日(金)

今年も、キャンパスの紅葉は美しかった。いまは、キャンパスに足をはこぶのが特別なことのように感じられるので(そもそも、そのこと自体が残念だけど)、なおさら秋の彩りを愛おしく眺めていたのかもしれない。葉が落ちて、いかにも冬という空気が漂いはじめた。そして師走である。10月に新学期がはじまってから、淡々と時間が流れている。研究会は基本はオンキャンパス、学期後半になってもう一つオンキャンパス開講の授業がはじまった。打ち合わせや会議なども、一部は対面で予定されるようになっている。それでも、なんだか平坦な毎日である。感染者数が増えているので、この先の施設利用など(そしてその先にある新年度のこと)が気がかりである。

11月の中旬には「人びとの世田谷線(Every Person in Setagaya Line)」というフィールドワークを実施した(https://camp.yaboten.net/entry/episl)。これは、10月におこなった「人びとの池上線」とほぼ同じやり方で、対象となる路線を変えたものだ。いつまでも身動きできずに過ごしているのにも飽きてきたし(悔しいし)、じゅうぶんに注意しながら、なるべく「外」へと向かうことにしている。そのために、あれこれと工夫が必要になる。2度の試みをとおして、オンラインとオンサイトを組み合わせたフィールドワーク実習のやり方がわかってきたように思う。とくにフィールドワークの当日は穏やかな陽気だったので、のんびりと「外」で過ごした。わずかな時間でも、実際に会って(今回は公園だった)お互いの成果を見せ合うような場面は大切だ。

この時期は、いつもなら「ORF(オープンリサーチフォーラム)」で慌ただしく過ごしている。実行委員(実行委員長)としてかかわることもふくめ、この10数年は、毎回展示やセッションに参加してきた。今年も開催予定ではあるが、時期も開催方法も変わるので、いつもの忙しさはない(そもそも、このタイミングで準備をするのはムリだった)。その代わりに、というわけでもないが11月23日に「未来構想キャンプ 2020」が開かれた。10年目、そして初のオンライン開催だった(全体のようすは、今週の「おかしら日記」に書いた https://www.sfc.keio.ac.jp/deans_diary/015087.html)。

ぼくは、若新さんとともに“「サボり」ワークショップ”を担当した。いろいろと準備をすすめながら、このワークショップのために茶慕里高等学校(https://fklab.net/sabori/)という架空の文脈を用意することにした。高校生たちは、そのなかで授業を受けながら「サボる」ことについて思案する。ぼくは、校長の役だ。「校長室」という名前のブレイクアウトルームで待っていると(当然のことながら背景画像も「校長室」)、何人かの高校生たちが、授業をサボって「校長室」に入ってきた。そこで、あれこれと話をした。サボって「中庭」や「屋上」に向かう生徒たちもいた。ぼくの頭のなかでは、くり返し『トランジスタ・ラジオ』が鳴っていた。

「サボり」がテーマなのだから、授業を抜け出すのがよいのか。それとも、真面目に授業を受け続けることこそが、ワークショップのねらいから逸脱する「サボり」になるのか。他の生徒たちのふるまいも、つねに見えるようになっている。ゆるやかに進行しつつも、ちょっとしたジレンマに直面しながら過ごす。
最後は、その体験をふり返りながら、「サボり」について語った。たとえば「授業を準備してくれている先生のことを考えるとサボるわけにはいかない」「実演の部分は面白かったけど、説明のところは(つまらないので)サボった」などというコメントがあった。架空の文脈での出来事だが、いずれも純粋で大切な指摘だ。人と向き合うときに謙虚であること。そして、留まるにせよ抜け出すにせよ、面白さが必要だということ。授業が面白ければ、生徒は留まる。「屋上」が魅力的なら、生徒は授業を抜け出す。茶慕里高等学校の「校長あいさつ」は、次のように結んだ。架空の設定だから、勝手なこと(でも言いたいこと)を書けるのだ。

慶應義塾大学SFCでは、キャンパス内にある“鴨池”を眺めながら、友だちと語らうことを「カモる」と呼んでいるそうです。茶慕里高等学校では、どこにいても、どんなときでも、空想の翼を羽ばたかせ、自由に広い世界を飛び回ることを「サボる」と呼んでいます。

そうです。私たちには、のびやかな想像力がある。だから、私たちの学びは止まらない、いや、止められないのです。
https://fklab.net/sabori/greetings.html

f:id:who-me:20201203113501j:plain(12月3日。ついに「NORTH」が姿を現した。)

未来

2020年12月1日(火)*1

「未来構想キャンプ」という実験的な試みがはじまったのは、2011年の夏だった。あの年のことは、いまでも鮮明に思い出すことができる。卒業式は中止(延期)になり、新学期は5月スタートになった。春学期の授業回数を確保するために、休日にもキャンパスに向かった。無力感につつまれ、何をするにもためらいがちだったあの夏に「未来構想キャンプ」がはじまったのだ。

変化を拒まない。そして、何があっても目の前の状況に立ち向かう。ぼくたちにどれほどの気概と実行力があるのか、ぼくたちこそが試されている。そんな気持ちで「未来構想キャンプ」にかかわった。前夜には、担当する教員たちが興奮して眠れないような雰囲気になって、夜どおし語っていた。

キャンパスのことを知る手がかりは、たくさんある。ウェブサイトやガイドブックなどをはじめ、オープンキャンパスのようなイベントでは「模擬授業」も提供される。「未来構想キャンプ」は、高校生たちとの距離をさらに縮める体験型のプログラムだ。課題に取り組みながら、朝から夕方まで一緒に過ごすのだから、おのずと一人ひとりの人間性を見せ合うことになる。ここ数年実施していた滞在型のワークショップであれば、文字どおり寝食をともにしながら過ごす。どこで、誰と、どのように学ぶか。この「キャンプ」をとおして、お互いの相性を確かめることができる。
今年は、SFC創設30年であるとともに、「未来構想キャンプ」は10年目という節目だった。ぼくは、特別研究期間(サバティカル)で一度だけ参加の機会を逃したが、初回からずっとかかわってきた。おそらく、高汐さんに次いで「参加率」は高いはずだ。その自負もあって、少しばかり意地になっていたのかもしれない。とにかく、今年も開催できることを願っていた。教職員とSFC生の想いが束ねられて、オンラインでの「未来構想キャンプ」が実現した。

ぼくは、若新さんとともに“「サボり」ワークショップ”を担当した。このテーマを思いついたのは、ここ半年間の窮屈な状況と無関係ではない(概要や経過については、別途まとめているところだ)。春学期がはじまってから、ぼくたちの物理的な移動が著しく制限されるようになり、一日の過ごし方がずいぶん変わった。オンライン化に慣れるにつれて、時間割もスケジュール表もムダのない形になったように思える。効率的になって歓迎すべきことはたくさんあるのだが、いっぽうで休憩や移動にともなって生まれるはずの「余白」や「間(ま)」がそぎ落とされていった。ちょっとした立ち話や、誰かと偶然に出くわすようなことの大切さを、あらためて感じている。おなじように、「サボる」ことの意味や価値も変わるのではないか。それが出発点だった。「サボる」ときには、勇気も冒険心も求められるだろう。仲間が必要かもしれない。善し悪しについては状況しだいだが、「サボる」ことは、たんに逃げ出すのではなく、自由を求めて想像力を動員し、行動につなげることなのではないか。そんなことを高校生と語ってみたかった。

これまでの「未来構想キャンプ」は、8月の猛暑のなかで開催されてきた。暑いし疲れるし、終わるたびに来年は休もうと思いながらも、高校生たちの熱気と同僚たちのテンションの高さに惹かれて結局は翌年も参加する。それが、ずっと続いてきた。今年は秋の一日。初のオンライン開催だったが、とくに大きなトラブルもなく、無事にフィナーレを迎えることができた。画面越しに届けられる声は、どれも瑞々しい。参加した高校生たちの意見や感想をまとめたアンケートの結果はまだ見ていないが、全体をとおして好感触だった。なにより、教員やSFC生たちから、ひと仕事終えたあとの高揚感がにじみ出ていた。
土屋さんも触れていたのだが、参加した高校生たちは、オンラインでの実施について不自由を感じているようすはなく、もはや「あたりまえ」になっているようにさえ見えた。「あたりまえ」のように背景画像を設定し、いちいち「聞こえますか」などと言わずに、ごく自然にマイクのミュートボタンを操作する。開放されていたブレイクアウトルームを自在に行き来しながら、ワークショップの時間を過ごしていた。

大学生という未来を想い描きはじめた高校生たちは、オンキャンパスもオンラインもふくめてさまざまな開講形態がありうることを、すでに身体でわかっているのだ。オンラインで受講することで、時間と空間のありようが再編成されてゆくことにも、きっと気づいている。大人が口にする「あたらしい日常」は、今年オンラインで出会った高校生たちにとって、少しもあたらしくはない。みんな準備をして、すでに未来にいる。そんな未来に出会った。

8か月

[18] 2020年11月28日(土)

(10月19日〜11月18日)引き続き、(備忘もかねて)月ごとの記録を更新しておこう。少しずつキャンパスに行く機会が増えて、スケジュール調整が、「ひと月」(3月4日〜4月15日)、「ふた月」(4月16日〜5月15日)、「3か月」(5月16日〜6月19日)、「4か月」(6月20日〜7月18日)、「5か月」(8月19日〜9月18日)、「半年」(9月19日〜10月18日)7か月(10月19日〜11月18日)、そして8か月。もう間もなく師走である。*1

10月20日(火)

「研究会」は、できるかぎりオンキャンパスで開講しようと考えている。どうやら多くの授業はオンラインで提供されているようなので、週に一度くらい「登校日」があってもいいのではないかと思う。そして、窮屈な教室ではなく、「外」で。

f:id:who-me:20201020172519j:plain

  • 研究会(180分, オンキャンパス)
  • 加藤研のウェブマガジン(第46号)発行。今期のテーマは「距離」 

    medium.com

10月21日(水)
  • 会議(60分, オンライン)
  • 会議(120分, オンライン)
10月22日(木)

秘書室でお世話になっているAさんの人事異動(11月1日付け)のニュース。お世話になっている、というより頼りっぱなしだったので、ショックを受ける。

  • Research Foundations(180分, オンライン)
  • 修士研究会(90分, オンライン)
10月23日(金)

面談と会議と。きょうは、すべてオンライン。それぞれは60分程度だが、一日が細切れになって、なんだか落ち着かない。結局、外に出ることはなく、家にいたまま画面ばかりを見ていた。

  • 面談(60分)
  • 打ち合わせ(60分)
  • 面談(60分)
  • 会議①(60分)
  • 会議②(60分)
10月26日(月)

大学に行って、面談や会議はすべてオンライン。こういう日は、大学との行き来の時間やキャンパスに「いる」ことの意味について考えてしまう。

  • 面談(60分, オンライン)
  • 面談(60分, オンライン)
  • 会議(120分, オンライン)
10月27日(火)

研究会のやり方については、引き続き思案中。きょうは教室で(前回は寒かった…)。

  • 打ち合わせ(120分くらい, オンライン)
  • 研究会(180分, オンキャンパス)
10月28日(水)

きょうも大学へ(ここのところは週に3〜4回はキャンパスへ。回数でいえば、元に戻ったのかもしれない)。修士課程の中間発表(オンライン)の日、そして会議日。

  • 打ち合わせ(60分, オンライン)
  • 面談(30分, 対面)
  • 会議(30分, オンライン)
  • XDレビュー(大学院, 150分くらい, オンライン)
10月29日(木)
  • Research Foundations(大学院, 180分, オンライン)
  • インタビューを受ける(90分くらい, オンライン)
10月30日(金)

正午「未来構想キャンプ 2020」の募集しめきり。選考をはじめる。

  • 面談(60分, オンライン)
  • 会議(90分くらい, オンライン)

f:id:who-me:20201130160519p:plain

11月1日(日)

そして11月に。10月に実施した「人びとの池上線(Every Person in Ikegami Line)」の成果をまとめた冊子が納品された。いい感じ。

11月2日(月)
  • 打ち合わせ(90分, オンライン)
  • 大学院生との面談(AP)(90分, オンライン)
  • 学生との面談(60分, オンライン)
11月3日(火・祝)

文化の日。授業日。駅や電車などの混雑を避けたほうがよいと思い、きょうはオンラインに切り替えた。ぼくはクルマで通勤することにしているが、やはり祝日の人出が多くなってきているので、学生たちの心理的な負担をなるべく取り除こうと思った。
午前中は「日本研究概論」で講義。なぜかカレーの話を期待されていたみたいだが、別の話をした。

  • 講義(日本研究概論)(90分, オンライン)
  • 研究会(180分, オンライン)
11月4日(水)

朝から晩まで会議の日(月にいちどはこういう日がある)。8:30ごろにキャンパスへ。この時期のキャンパスは、本当に美しい。大学にいながら、ずっと部屋でオンライン会議。大学院の研究科委員会は議事進行。またしても、だいぶ時間を超過(ごめんなさい)。なんと、9 to 9でオンライン。

  • その1(60分)
  • その2(120分)
  • ブラックウェンズデー(60分くらい)
  • その3(160分くらい, 議事進行)
  • その4(60分くらい)
  • 大学院授業(60分くらい)遅れて参加したので後半のみ。
11月5日(木)
  • Research Foundations(大学院, 180分, オンライン)
  • モバイルメソッド(大学院AP, 90分, オンライン)
  • 学生との面談(60分, オンライン)
11月6日(金)

11月23日に開催予定の「未来構想キャンプ 2020」の準備。若新さん・木村くんと話をしているうちに「茶慕里高等学校」をつくるアイデアに。なかなか楽しくなってきた。さっそく、ウェブをつくった。

  • 「未来構想キャンプ」の打ち合わせ(90分, オンライン)
  • 経験の学(大学院AP, 180分くらい, オンライン)

fklab.net

11月7日(土)
  • 秋色(マンスリー)を公開。
11月8日(日)

13日(金)〜15日(日)に計画している世田谷線沿線のフィールドワーク(Every Person in Setagaya Line)の下見。松陰神社前で降りて、若林公園へ。日曜日の午後は、親子連れがたくさん(そして七五三のシーズンか)。天気さえよければ、また「外」で成果発表会を開けそう。数年前のカレーキャラバン(nostos booksの軒先を借りた)を思い出した。

f:id:who-me:20201108143010j:plain

11月9日(月)

大学へ。テラス倶楽部(会食はできないので、近況報告の集まりのような感じ)のあと、藤沢三田会のかたがたのアテンド。寄附銘板を見てから、βヴィレッジ(EAST街区)のあたりを案内。
「未来構想キャンプ 2020」の選考結果を配信。

11月10日(火)

マスクをして距離を保ちながら健康診断。午後は研究会。前半を教室で、午後はドコモハウスに戻ってみた。人数が多いので「2階席」を設けて、垂直的に距離を保ってみる。いろいろと工夫の余地はあるけど、やはり“ハウス”の居心地はいい。4名はオンラインで出席。

  • 研究会(180分, 対面)

「未来構想キャンプ 2020」のTシャツも納品され、いちはやく手に入れた(今年はマスクもある)。参加者たちへ、Tシャツとマスクが郵送されることになっている。

f:id:who-me:20201110133440j:plain

11月11日(水)
  • シン・アゴラ(60分, オンライン)
  • 会議(90分, オンライン)
  • XDレビュー(大学院, 150分くらい, オンライン)
11月12日(木)

春学期前半科目は、初回が休講になってしまったので、補講(大学からオンライン)。修士研究会を経て、学期後半科目のスタート。ひさしぶりに50人規模のクラスを対面で。なかなかいい気分。6限を終えてから、若新さん、木村くんとともに「未来構想キャンプ」の打ち合わせ。東名高速の工事渋滞で、帰ったら日付が変わっていた(こういうのは、ずいぶんひさしぶり)。

  • Research Foundations(大学院, 180分, オンライン)
  • 面談(60分くらい, 対面)
  • 修士研究会(90分くらい, オンライン)
  • インプレッションマネジメント(180分, 対面)
11月13日(金)

朝は三田で会議。
10月に実施した、“非接触型”のフィールドワーク実習。「人びとの池上線(Every Person in Ikegami Line)」での体験をふまえつつ、こんどは東急世田谷線の各駅で実施することになった。この日は、担当する駅を決める「ドラフト会議」(オンライン)。今回は、ビデオ班(ペア)をつくるので、(この「ドラフト会議」もふくめた)全体の流れを記録できる(はず)。

  • 三田で会議(60分くらい, 対面)
  • ドラフト会議(60分くらい, オンライン) 
  • 面談(60分くらい, オンライン)
11月14日(土)

朝一番で、「未来構想キャンプ 2020」の打ち合わせ。そして「人びとの世田谷線(Every Person in Setagaya Line)」のはじまり。ぼくは、三軒茶屋でお菓子を買って、各駅で学生たちに配りながら下高井戸まで。宮の坂でピザを食べて帰宅。夕方からは、月曜日しめ切りの原稿(まだ書けてない)に向き合う。

f:id:who-me:20201115201625p:plain

11月15日(日)

10:00データ入稿。無事にすべてが揃ったので、某所で印刷。その後、成果報告会のために若林公園(松陰神社前から)へ。14:00から、ふたたびオンサイトで集う。わずか1時間ほどだったが、やはりみんなで成果を共有するのは“リアル”がいい。今回も、すべてを並べてギャラリーウォークの時間をつくった。

f:id:who-me:20201115143258j:plain
f:id:who-me:20201115143148j:plain
11月16日(月)

三田キャンパスへ。ひさしぶりに山食で食事をしてから、会議。家に帰ってオンラインの打ち合わせ。なんとか脱稿。

  • 会議(オンサイト, 90分くらい)
  • 会議(オンライン, 70分くらい)

2011年にスタートした「未来構想キャンプ」。いつもは夏の開催だが、今年は準備が間に合わず、夏に実施することができなかったが、11月にオンラインで実施することになった。ぼくは若新さんと一緒にワークショップを担当。その概要が公開された。

11月17日(火)

キャンパスへ。オンラインの会議とオンキャンパスで面談と「研究会」。東京都の感染者数が増えているので、学生を二つのグループに分けて、研究室/教室をなるべく疎らにしつつ。東名の工事(毎年恒例の)で、帰り道は大渋滞(これは疲れる)。

f:id:who-me:20201117153239j:plain

  • 会議(オンライン, 60分くらい)
  • 面談(オンサイト, 60分)
  • 面談(オンサイト, 60分)
  • 研究会(180分)
  • 会議(オンライン, 45分くらい)

会議があって中座する形になってしまったけど、Every Person in Setagaya Lineのふり返りビデオが完成。学生たちは教室に移動して鑑賞。

The Making of "Every Person in Setagaya Line" from who_me on Vimeo.

11月18日(水) 

そして、会議の一日。きょうは、ずっとオンラインで自宅から。

  • その1(150分, オンライン)
  • その2(120分, オンライン)
  • その3(60分, オンライン)
  • その4(150分, オンライン)

会議のあとは、「未来構想キャンプ 2020」の接続テスト。14人くらい(ぼくが担当するワークショップは24名が参加予定)がアクセスしてくれた。すでに背景画面を設定して、Tシャツを着ているひとも…。楽しみになってきた。
11月18日の東京都の新規患者にかんする報告件数:493人 増えている。

 

(いまここ)

(つづく)

イラスト:https://chojugiga.com/

*1:必要に応じて、適宜加筆・修正します