Don't let your guard down

Friday, July 2, 2021

SOURCE: https://www.sfc.keio.ac.jp/emergency/sfc_covid-19/message/20210702e.html

Before we know it, we find ourselves in July. Vaccinations at Mita Campus, which started on June 21, are proceeding smoothly. According to the KEIO UNIVERSITY COVID-19 WORKPLACE VACCINATION INFORMATION PORTAL, 31,400 people have already made reservations as of July 1. From what I've read on the internet, the whole process seems to be well organized and very efficient (even though I haven't gotten mine yet). As stated in the announcement by the Keio University Infection Response Center for COVID-19, vaccinations are not compulsory, but voluntary and at the discretion of each individual.

Some courses that were originally "on-campus" at the start of the spring semester are now being offered in classrooms again. I was also able to see my students in the classroom for the first time in about two months. During the semester, we had to make adjustments due to the frequent changes in the course format, but it was still nice to see (in-the-flesh) students and colleagues on campus. Walking around the campus full of greenery in the midst of the sunny rainy season is especially relaxing.

But we must remain vigilant even now. I am very concerned that with the starting of vaccinations, many have become lax in their ways. Entering the campus through the designated gate, wearing a mask, and being careful when eating and drinking with others. We must continue to follow this set of rules to prevent infections. In addition, if you test positive for COVID-19 after undergoing a PCR test, a report must be made to the Health Center. This will be followed by various exchanges, so please deal with these in a responsible manner.

Unfortunately, there have also been reports of complaints. Some students, perhaps in reaction to their stifling environments right now, are engaging in selfish, undignified actions. Often this involves causing a ruckus at gatherings involving the consumption of alcohol. In the most heinous cases, this can involve being rushed to the hospital after drinking too much, and behaving abusively towards the medical staff treating them. This is just too shameful.

As you well know from experience, one's day to day actions will ultimately come back to haunt you in one way or another. We have to keep an eye on each other and be patient for just a while longer.

On the other hand, I feel that our campus life would not be complete without the time to meet and talk with others. There are many ways to foster new connections, but "seminars," where we meet faculty members and students through common research themes and approaches, play a particularly important role. There is no doubt that these experiences will broaden your life as a student. In particular, I think first and second-year students are looking for opportunities and ways to learn about these seminars.

The Seminar Syllabus, which will give you a clue about what seminars are, is being prepared for release in mid-July. When the Seminar Syllabus is released, please take your time to read through it (it should contain information about course requirements, etc.). Individual information sessions may be planned, so it is best to contact the faculty member in charge or the members at your affiliated department.

And I expect that the next few weeks will be especially busy with the submission of end-of-semester assignments. I recall that this was a hot topic last year. As I traced my memory, I found that at the end of June last year, a document titled "Problems with online classes: For faculty and staff members" compiled by the Student Counseling Room of Keio University was distributed. Around this time last year, just two months after the start of online classes, I compiled a list of students' comments about their problems.

I went back and read the document again. While I'm sure that some of the problems have been resolved through the experience of the past year, I imagine that the situation of "having a lot of assignments and feeling overwhelmed by constant deadlines" is making a comeback. Although teachers also need to be considerate, pay great care to the content and due dates of assignments. Notifications may not always be received. In addition, changes and corrections may be added depending on the situation. Please check SOL (Class Support System), the Keio University Student Website, and your e-mails frequently.

When we feel pressured about an assignment, we tend to think only of ourselves and forget to care for others, or we become desperate. Don't keep it bottled up all by yourself. Talk to someone about it and you will feel better. (The SFC Wellness Center provides counseling services for students on issues not limited to concerns about assignments.)

Well, tomorrow is the Tanabata Festival. I'm worried about the weather, but I wonder if the fireworks will go off without a hitch. Let's forget about our assignments for a while and look up at the summer sky together, even if it's through a screen. This should leave you feeling (somewhat) refreshed and ready to face the remaining weeks of the spring semester. Don't let your guard down.

16か月

[30] 2021年7月20日(火)

(6月19日〜7月18日)この1か月の間に、第3回目の緊急事態宣言が解除され、(一部の授業が)対面に戻ったと思ったら、ドタバタと第4回目の緊急事態宣言。あっという間に春学期が終わってしまった。松葉杖で過ごして、(画面で)花火を見て、ワクチンを打った。そして梅雨明け。

  • ひと月」(3月4日〜4月15日)
  • ふた月」(4月16日〜5月15日)
  • 3か月」(5月16日〜6月19日)
  • 4か月」(6月20日〜7月18日)
  • 5か月」(7月19日〜8月18日)
  • 半年」(8月19日〜9月18日)
  • 7か月」(9月19日〜10月18日)
  • 8か月」(10月19日〜11月18日)
  • 9か月」(11月19日〜12月18日)
  • 10か月」(12月19日〜2021年1月18日)
  • 11か月」(1月19日〜2月18日)
  • 12か月」(2月19日〜3月18日)
  • 2年目へ」(3月19日〜4月18日)
  • 14か月」(4月19日〜5月18日)
  • 15か月」(5月19日〜6月18日)
6月19日(土)

「人びとの多摩川線」を実施。昨秋に実施した二つのプロジェクト「人びとの池上線」「人びとの世田谷線」に続いて第3回目。学生たちはペア(あるいは3人グループ)で沿線の各駅に散って、人びとのようすを観察・スケッチした。日付が変わるまでに、ほぼすべてのデータが提出された。

  • フィールドワーク(キャンプ)(観察・スケッチの実習)
6月20日(日)

f:id:who-me:20210620142309j:plain

雨に降られることなく、青空の下で。今回は多摩川緑地(丸子橋地区)で、成果報告会を実施した。

  • 成果報告会(60分, 対面)




人びとの多摩川線(Every Person in Tamagawa Line)

6月21日(月)
  • 緊急事態宣言解除(一部について、対面での授業を再開)
  • 三田キャンパスでの職域接種がスタート
  • 大学院生との面談(60分, オンライン)
6月22日(火)
  • 授業:研究会(180分, 対面)ひさしぶりに教室で開講
  • 会議(60分, オンライン)
6月23日(水)

大学院の会議(議事進行)は、無事に終了(予定よりも早く終わった)。合同教員会議の冒頭で塾長、常任理事(新体制)のあいさつ。

  • 打ち合わせ(60分, オンライン)
  • 会議(105分, オンライン)
  • 会議(90分くらい, オンライン, 議事進行)
  • 会議(120分, オンライン)
  • 会議(120分, オンライン)
  • 15か月」(コロナと大学)を公開
6月24日(木)
  • 授業:フィールドワーク法(90分, 対面)
  • ミーティング(30分, オンライン)
  • モバイルメソッド(大学院AP)(90分, オンライン, 議事進行)
6月25日(金)
  • 大学院生との面談(60分, オンライン)
  • 会議(30分, オンライン)
  • 会議(60分, オンライン)
  • 会議(60分, オンライン)
6月26日(土)

f:id:who-me:20210628104857j:plain

  • 病院へ。松葉杖生活のはじまり。
6月28日(月)
  • 学生との面談(60分, オンライン)
6月29日(火)
  • 大学院生との面談(60分, オンライン)
  • 授業:研究会(180分, 対面)
  • 大学院生(AP)とのミーティング(60分, オンライン)
6月30日(水)
  • 面談(30分, 対面)
  • 面談(30分, 対面)
  • 会議(60分, オンライン)
  • 臨時合同教員会議(15分, オンライン)
  • 打ち合わせ(60分, 対面)

f:id:who-me:20210720091749p:plain

7月1日(木)

朝、藤沢市に大雨警報・雷注意報が発令されていたので、オンキャンパスでの開講を断念。オンラインに切り替えた。

  • 授業:フィールドワーク法(90分, オンライン)
  • 授業:修士研究会(120分くらい, オンライン)
7月2日(金)
7月3日(土)

七夕祭。午前中は大雨でグラウンドが水浸しだったので心配だったが、午後には水も引いて、無事に花火が上がった。オンラインで鑑賞。

f:id:who-me:20210703194136j:plain

7月4日(日)

(130000kmをこえて)車検の手続きへ。

7月5日(月)
  • 打ち合わせ(60分, オンライン)
7月6日(火)
  • 会議(45分, 対面)
  • 授業:研究会(180分, 対面)
7月7日(水)
  • 打ち合わせ(90分, 対面)
  • シン・アゴラ(60分, オンライン)
  • 会議(120分, オンライン)
  • 会議(120分, オンライン)
7月8日(木)
  • 授業:フィールドワーク法(90分, 対面)
  • モバイルメソッド(大学院AP)(180分, オンライン)
  • オリンピックについて東京都内の競技会場は、無観客開催が決定
7月9日(金)
  • 会議(60分, 対面)
  • 面談(60分, 対面)
  • 修士 中間報告リハーサル(90分くらい, オンライン: Gather会場)
7月10日(土)
  • 大学へ(業務で朝9:00〜17:30くらいまで)
  • 会議(60分, オンライン)
  • 行ったり来たり」(マンスリー)を公開
7月12日(月
7月13日(火

午後は三田キャンパスに行って、ワクチン接種(1回目)。全体的にスムーズな流れで進行して、あっという間に終了。体調もとくに変わらず、山食でお昼を食べてから帰宅。

7月14日(水

とくに体調に変化はなく(腕がちょっとダルい感じ)、大学へ。

  • 会議(60分, オンライン)
  • 打ち合わせ(120分くらい, 対面)
  • 研究科委員会の事前打ち合わせ(90分くらい,  オンライン)
  • ミーティング(40分,  オンライン)
7月15日(木)

f:id:who-me:20210715063849j:plain

大学院の修士課程中間報告は、Gather.townで実施。いろいろ、改善すべき点はあるものの、学生たちとのコミュニケーションは上手くいったように思う。同僚とすれ違ったり立ち話したりという場面もあった。

  • 会議(30分で中座, オンライン)
  • 大学院修士学生 中間報告(150分くらい, オンライン)
6月16日(金)

午前中は病院へ(松葉杖を返却)。関東甲信地方は梅雨明け

  • 会議(60分, オンライン)
6月17日(木)

21日(水)から、BCPの「レベル」指定を変更(その内容について検討)。

  • 会議(60分, オンライン)
7月18日(日)
  • 7月18日の東京都の新規患者にかんする報告件数:1008

(いまここ)

(つづく)

イラスト:https://chojugiga.com/

行ったり来たり

2021年7月10日(土)

6月の初めに、大学での職域接種がはじまることが発表された。予約システムさえまだ動いていないのに、なんだか明るい気持ちになった。くわえて、緊急事態宣言の解除にともなって、一部については対面の授業を再開した。4月にキャンパスで開講していた科目は、途中で2か月ほどオンラインになって、ふたたび教室に集まるということになる。
昨年は、春学期はすべてがオンラインになったので、最初からそのつもりで授業の準備や諸々の段取りをしていたが、学期の半ばでリズムが変わるのはこれまでなかったことで、いろいろと面倒だ。キャンパスに戻りたい想いはたしかなのだが、身体のほうがきちんと追いついていない。慣れというのは恐ろしいもので、朝の過ごし方がこの1年半でだいぶ変わってしまった。つねづね思うことだが、ぼくたちは便利なほうへ、楽なほうへと向かいがちだ。その適応力には、感心さえする。だから、かつては疑いなくこなしていた(はずの)身支度も通勤も、すぐに元どおりに戻せるわけではない。
でも、途中でオンラインに切り替わったまま夏休みになるよりは、最後の数週間、せめて春学期の「最終回」だけでも教室に集うことができればいいと思っていた。もちろん、ムリをするつもりはない(強いるつもりもない)のだが、少しばかり意地になっているのかもしれない。そんな心持ちで大学に向かう。
やはり教室はちがうものだと、あらためて実感した。みんな、マスクをして距離を取りながら座っているのは、馴染みのある光景ではないが、確実に学生たちの息づかいを直接感じることができる。なにより、平たい画面にいくつもの顔が整然と並んでいるのとはちがう。学生たちも、もう一度ひとつの教室に集まることができて、喜んでいるようすだった(むしろ、緩みすぎているのが心配なくらいだ)。そんな感じで過ごしていたら、春学期も残すところ数週間。気づけば7月になっていた。

7月1日は、授業のために大学に行く予定だった。学生たちとは、キャンパスでひさしぶりの再会を果たしたばかりだった。だが、天気が心配である。前日の晩に、藤沢市には大雨・雷の注意報が出ていた。雨が降っているだけでも、この状況下で通学するのは面倒だ。当日の朝、大雨警報が発令された。授業は11:00過ぎからはじまるので、朝8:00過ぎにオンラインで開講することを決めた。あとで聞いたら、何人かの同僚たちは、すでに前日の段階でオンラインへの切り替えを決めていたらしい。ぼくは、キャンパスで開講することに固執していたのだろうか。ギリギリまでようすを見ようとしていたのだと思う。
何人かの学生は、他の授業の都合などもあって、すでにキャンパスに向かっていたようだが、大きな混乱もなく、その日の授業はオンラインでおこなうことができた。こんなふうに、その日の状況に応じて開講形態を変えることができたのは、おそらくCOVID-19の影響を受けながら、授業のあり方や連絡の取り方についてあれこれと学んできたからだ。以前は、荒天の場合には、決められた時刻に休講にするかどうかの判断をしていた。いまは、そもそもキャンパスで開講されている授業が圧倒的に少ないので、数多くの授業にかかわる判断は必要ない。何らかの形で、これからもオンライン開講が常態化していくと考えると、さまざまな判断のタイミングについても再考することになるだろう。
身勝手なことをいえば、たまに天候によってもたらされる(不意の)休講を多少なりともありがたく思うこともあったのだが、もはや、天気が理由で休講にはなりえないということだろうか。うまく調整ができれば、出張先からオンラインで授業をすることもできる。環境の変化を見ながら、臨機応変にオンラインに変更したり、オンラインと対面と併用したり(ハイフレックス)、開講形態の多様化は、引き続き今後の課題だ。

7月3日は七夕祭だった。朝から強い雨。藤沢市には大雨・洪水警報が出ている。今年の七夕祭は、オンラインと会場からの配信を組み合わせるというものだった。去年は、すべてが画面のなかにつくられた仮想のキャンパスでおこなわれた。ぼくは、ロボットのアバターを纏って、人工的につくられた夏空に打ち上げられる花火を眺めた。今年は、リアルな花火が準備されている。もちろん、キャンパスに出かけて、熱気のなかで花火を見ることはできないのだが、今年は、本物の花火が本物の夜空に打ち上がるようすを画面越しに見ることができるという企画だ。
午前中、打ち上げ場所となるグラウンドが水に浸っているという連絡が届いた。冠水したグラウンドの写真が共有されて、。だが、昼前には雨が上がった。朝のようすからは絶望的な感じだったが、水が引いて、けっきょくは予定どおり進行することになった。
花火が上がった。ぼくは、自室の電気を消して、花火のライブ配信を眺めた。花火が煌めいて、そしてあっという間に消えてしまった。同時につないでいたのは、(ぼくをふくめて)130人。もちろん、物足りなさはあるものの、誰かがどこかで、同じ時間に同じ花火を見ていた。そのことが、うれしかった。

そして、4回目の緊急事態宣言の発令(7月12日から8月22日まで)が決まった。行ったり来たりは、もういやだ。

f:id:who-me:20210703194135j:plain写真は7月10日。画面越しに花火を眺めた。