節目

2021年8月3日(火)

6月の末から、三田キャンパスでワクチン接種がはじまったので、ぼくも7月のはじめに予約を入れた。そのあと、いろいろな話を聞いているうちに、副反応が心配になってきた。やはり若者のほうが反応が出やすいようで、いかにも体力がありそうな、がたいがいい学生も、接種後に発熱して授業を休んでいた。ちょうど春学期最後の週をむかえて、じゅうぶんに気をつけながら、(一部の授業は)対面に戻そうというタイミングだ。対面であれオンラインであれ、ぼくの体調不良で休講になってしまうのは困る。補講も計画していたので、接種の予約をいちど取り消して、授業に影響がおよばない(はずの)日程で再予約した。
当日は、決められた時刻の少し前に到着した。列はできていたが、さほど混雑しているわけではない。みんな、整然と並んでいる。知り合いの事務職員が、列のようすをうかがっていたので、挨拶しつつ少し立ち話をした。職域接種のことが、いきなり(と言っていいようなスピード感で)決まり、準備や運営に駆り出されているのだろう。接種を受ける立場からすると本当にありがたいことだが、この大きなプロジェクトにかかわるのは大変だ。日常の業務は、ただでさえ学期末に向けて慌ただしいのに加えて、職域接種の現場で頭も身体も忙しく動かさなければならない(ありがとうございます)。さらに暑くなってくると、熱中症対策も必要になる。この先も、無事にすすむといい。
全体の流れは、(すでに口コミなどで聞いていたとおり)とてもスムースだった。列に並んで指示どおりにすすんでいくと、すぐに終わってしまった感じ。打つときに、痛みは感じなかった。ホールで15分休憩して、解放された。ちょうど火曜日だったので、「山食」に行ってひさしぶりにハヤシライスを食べた。ぼくが学生のころにも、週に一回はカレーが休みで、ハヤシライスの曜日があった。当時の「山食」は坂を下りて、いまの北館のあたり。
腕が少しダルい程度で、副反応はなかった。接種の翌日には、ふつうに運転してキャンパスに向かった。一週間後に影響が出るという話も聞いていたが、なんともなかった。やはり、だいぶ人(年齢?)によってちがうみたいだ。それよりも、2回目のほうが気がかりだ。先月末に足をケガして、しばし松葉杖が必要だったが、それも回復。ひとまず補講などを終えて授業のほうは一段落だ。

大学院の修士課程(来春修了予定者)の中間発表は、Gather.townで実施した。たびたび書いているが、今年に入ってから、研究室の成果発表の展覧会にも春学期の授業・研究会にも、Gather.townを活用している。もちろん、オンラインなので画面越しではあるものの、タイル状に顔が並んでいる画面を眺めるのではなく、じぶんで会場を移動しながら、誰かとすれ違ったり出くわしたりする感覚を味わうことができる。ぼくは、その感覚がとても大切だと思っている。おもちゃのようなアバターだが、じぶんが歩き回っているような、多少なりとも身体が画面のなかと接続されているような感じになる。
学会などでの利用実績はあるものの、修士課程の中間発表に「使える」かどうかわからない。いうまでもなく、中間発表は大学院生たちにとって大切な節目だ。立場上、(何かあったら)ぼくの責任になるわけだが、幸いなことに、ウチのキャンパスには「とにかく試してみよう」という気風がある。いくつかの会議を経て、Gather.townでの実施を決めて、あとは学事担当のみなさんとともに会場をつくった。アクセスすると、「PLAZA」と呼ばれる中庭に出る。左・上・右にある3つの会場に行くと、ポスターが並んでいる。当日は、なかなか賑やかで、和やかな雰囲気だった。なんとなく、ちょっと昔のビデオゲームのような設えで、修士課程の中間発表と呼ぶには、ずいぶんゆるい感じになってしまったかもしれない。それでも、学生と教員たちが会場を動き回り、ポスターの前でやりとりしているようすは微笑ましく思えた。概ね好評だったようで、一安心。もちろん、改善すべき点はいくつもある。工夫を重ねながら、学生と教員がいきいきと語らうことのできる場をつくりたいと思う。

7月の末には、未来創造塾(西側のΗヴィレッジ)の地鎮祭がおこなわれた。予定どおりに着工し、順調に行けば2023年の春から入居ということになる。キャンパスの敷地内に学生寮ができると、ずいぶんようすが変わる(じつは、4月にすでに国際学生寮がオープンしている)。COVID-19の影響を受けながら、否が応でも「キャンパスとは何か」について、考えさせられた。じつは、時間割や学事日程の窮屈さを抜け出すために、「キャンプ」や「カレーキャラバン」という試みを実践してきたのだが、いまは、逃れようとしてきた「キャンパス」に関心が向くようになった。学びのなかに生活があり、生活のなかに学びがある。ここ1年半ほど、定期的に会議に出席しながら、あれこれと考えていた。なにより、少しずつ建物が形になってゆくのを眺めるのが楽しみだ。

そして、土屋さんが8月1日から常任理事として本格的な仕事をはじめるということで、キャンパスの運営体制が様変わりする。前にちらっと見たときには、学部長室のデスクの上には未開封と思われる郵便物や書類が堆く積まれていたのだが、あいさつに行ったら、綺麗に片づいていた。引っ越し前の部屋は、スッキリしていて、それでいて切ない。
2年前の10月1日にスタートした「3役」での仕事は、結局のところ22か月で終わってしまった。そのうちの16か月半くらいは、大部分がオンラインでのコミュニケーションだった。学生とも、同僚とも、リアルな姿を見せ合いながら過ごした時間はごくわずかだった。

f:id:who-me:20210730172210j:plain
写真は7月30日。西日が本館をかたどる。

TさんとWさんと私

TさんとWさんと私(総集編)

2019年10月1日〜2021年7月31日まで、TさんとWさんとともに歩みました。最初に書いたのが2019年9月末、その後しばらくは定期的に書いてたのですが、だんだんペースが落ちてしまいました。COVID-19の影響もあってか、とくに2020年秋以降はほとんど書くことがありませんでした。
だからこそ、ぼくにとっては、思い出ぶかい22か月でした(そのうちの16か月は、ほぼすべてがオンラインのコミュニケーションに)。

f:id:who-me:20210731090845p:plain

2021年7月31日

シリーズ最終回。念のため。TさんとWさんを揶揄ったり面白がったりするつもりはなく、「3役」で責任ある仕事をすることの難しさに直面しながらのため息であり、同時にじぶんの無力感を自嘲するつぶやきでした。22か月間、本当にありがとうございました。🙇🏻

2021年7月29日

地鎮祭に参加した。いよいよ、着工である。神事の席次は、Tさん、Wさん、そして私という順だった。この組み合わせは、もう終わってしまうのか。あっという間の22か月。少しだけ感傷的になっていたら、「えい、えい、えい!」と、鍬入れの儀がはじまった。
https://www.instagram.com/p/CR5Zg1PDMSG/

2021年7月22日

炎天下、汗だくになってキャンパスを案内する。Tさんはすでに「向こう側」の雰囲気を漂わせ、Wさんは少し晴れ晴れとした感じの清々しさを放っている。ぼくは、気づいたら置き去りにされていたような心もちで、阿蘇から来たばかりの合鴨の群れを眺めていた。

2021年7月1日

昨日はチョーひさしぶりに、全員が3階にいた。ドアを開けていたので、TさんもWさんもちらっと顔をのぞかせる。歩いて数歩でお互いの顔を見ることができて、ことばを交わす。それだけで済むこと、決まることが、たくさんある(あった)のに。それが惜しい。

2020年11月6日

\SFC創設30年記念企画/ メディアセンターのオープンエリアで写真や資料を展示中。「写真で振り返る湘南藤沢キャンパスの30年」のひとコマ。これ、すでに去年の夏か…。まぁいろいろと、大変なのである(あった)。 
https://www.instagram.com/p/CHPBIR4DZJW/

2020年10月5日

刊行されたばかりの『三田評論』10月号(No. 1248)は、特集「SFC創設30年」。座談会や関連記事、卒業生の寄稿「SFCとわたし」など盛りだくさん。写真のページには、オープンキャンパスのイケてるTさんとWさん、そしてマスクして首からタオルの私。 
https://www.instagram.com/p/CF80CC7jXOv/

2020年9月24日

新入生へのビデオメッセージ。Tさんはスライドを繰りながら、静かにキャンパスの魅力を語る。Wさんは演説館で格式高く、『福翁自伝』を引きながらやさしく言葉をかける。自撮り棒をもって、歩きながら撮ったのは、ぼくだけだった。カメラは止まらないのだ。

2020年9月10日

毎週のことだったのに、まるで偶然のように思えた日。3人揃って、キャンパスにいる。ただそれだけ。ほぼ半年ぶり。新入生向けのキャンパスツアーで、猛暑のなかを歩く。キャンパスで、学生たちと対面する。あたりまえのことなのに、とても幸運だと思えた日。

2020年6月30日

ひさしぶり。Tさんは、どんなに難しくてもなんとかトスを上げようとする。Wさんは、ブロックなど気にせずスパイクを打つ(フェイントはあまりしない)。ぼくは、サーブを打つこともできず、でもひたすら拾おうと飛び込むリベロが好き(佐野選手みたいな)。

2020年4月7日

緊急事態宣言が近い。Tさんは静かに語りかけ、誠実に言葉の大切さを説く。Wさんはいきなり「家にいろ」と叫び、サーバーが落ちる。ぼくは、この日々をブログに綴っておこうと思い、まずはドメインを取った。二人のメッセージで、気分が晴れた。朝が来たよ。

2020年3月15日

いろいろなメールが届く。Tさんは、まっすぐに応える。醸し出される厳しさは、巧みな演出かもしれない。Wさんはうっかり優しさがにじみ出て、丁寧な対応になる。ぼくは、ようすを見ながら曖昧に。きちんと聞いておいて、スルーしたり(忘れてしまったり)。

2020年1月18日

べつにいいけど。昨年の秋、Tさんの部屋には胡蝶蘭や祝電がたくさん並んでいた。華やかだ。Wさんのところは、卒業生が30名くらい集まってお祝いの会が開かれていた。賑やかだ。そしてぼくは、みぞれのような雨のなかを歩いている。襟を立ててね。寒いょ。

2019年12月26日

Tさんは、電車のほうが多いのかな。でも、クルマは堅実な感じのセダンだった(ように見えた)。Wさんは、車高が低くて路面を感じながら「走り」を楽しむようなクルマ(速い)。ぼくのクルマは、いかにも草食系で、遠くまで出かけるラクダみたいな(遅め)。

2020年12月2日

師走になった。Tさんは、がんがん仕事をして、疲れたらきちんと休んでいるはずだ。Wさんは、ムリせず疲れすぎないように体調管理を怠らない。ぼくは、疲れが出る前につぎの仕事をはじめてしまうので、じつは、疲れているのかわからない。マッサージに行こ。

2019年11月18日

議事進行を担う場面が増えた。Tさんは、はきはきとテンポよくすすめる。Wさんは、ちょっと不慣れだけど初々しい感じが好感を呼んでいるみたいだ。ぼくは、丁寧に説明しているつもりが、つい言い訳がましくなって、気づくと「住民説明会」みたいになってる。

2019年11月8日

Tさんは「二人にはまだ相談してないけど」と言いながらすすむ。Wさんは「みんなで決めましょう」と迫る。ぼくは「あ、言うの忘れてた」と軽くあやまって事後承諾にしてもらったり、たまに「それ聞いてないんだけど」と拗ねてぼやいたりする。ごめんなさい。

2019年10月24日

Tさんは、古いものは潔く捨てようと言う。Wさんは、あたらしさを求めようとする。ぼくは、ちょっと直せばまだ使えるんちゃうって思う。うちにこんまりが来たら、数秒で気絶しそう。留学中に買った家具、まだ使ってるから。つい30年ほど前のことだけどね。

2019年10月17日

通知が来ても、寝ているから応えられない。Tさんは標準的な時間帯で、Wさんはアーティストっぽい時間を生きる。標準的って、アーティストっぽいって、なんだ。ぼくは毎朝5時に起きて、日付が変わる前に眠くなる。身体は衰えてゆく。エイジングってなんだ。

2019年10月10日

TさんとWさんの部屋は南向きで、眺めもいい。ぼくの部屋は北向きで、ちょっと狭い。べつに、いじけてないし。それより、「応接セット」というのは堅苦しくて好きではないので、大きなテーブルとか買いに行こうかな。資料を広げていろいろ話をしよう、誰か。

2019年10月2日

きょうは、朝からずっと会議。Tさんはスーツ(ノーネクタイ)で、Wさんはいつもの黒い感じ。ぼくは、試しにシャツをズボンのなかに入れてみた。なんか中途半端だ。きっと、仕立てのいいシャツを着れば、体形は目立たなくなるんだろうな。どうでもいいけど。

2019年9月27日

Tさんは、唐突に「仲が悪い」と言い、続くWさんは「かみ合わない」と話した。ぼくは、うっかり「仲がいい」と思っていた。きっと素直じゃないのだ。照れくさいのかもしれない。別にいいけど。とにかくぼくは、あたらしい冒険のはじまりにドキドキしている。

Don't let your guard down

Friday, July 2, 2021

SOURCE: https://www.sfc.keio.ac.jp/emergency/sfc_covid-19/message/20210702e.html

Before we know it, we find ourselves in July. Vaccinations at Mita Campus, which started on June 21, are proceeding smoothly. According to the KEIO UNIVERSITY COVID-19 WORKPLACE VACCINATION INFORMATION PORTAL, 31,400 people have already made reservations as of July 1. From what I've read on the internet, the whole process seems to be well organized and very efficient (even though I haven't gotten mine yet). As stated in the announcement by the Keio University Infection Response Center for COVID-19, vaccinations are not compulsory, but voluntary and at the discretion of each individual.

Some courses that were originally "on-campus" at the start of the spring semester are now being offered in classrooms again. I was also able to see my students in the classroom for the first time in about two months. During the semester, we had to make adjustments due to the frequent changes in the course format, but it was still nice to see (in-the-flesh) students and colleagues on campus. Walking around the campus full of greenery in the midst of the sunny rainy season is especially relaxing.

But we must remain vigilant even now. I am very concerned that with the starting of vaccinations, many have become lax in their ways. Entering the campus through the designated gate, wearing a mask, and being careful when eating and drinking with others. We must continue to follow this set of rules to prevent infections. In addition, if you test positive for COVID-19 after undergoing a PCR test, a report must be made to the Health Center. This will be followed by various exchanges, so please deal with these in a responsible manner.

Unfortunately, there have also been reports of complaints. Some students, perhaps in reaction to their stifling environments right now, are engaging in selfish, undignified actions. Often this involves causing a ruckus at gatherings involving the consumption of alcohol. In the most heinous cases, this can involve being rushed to the hospital after drinking too much, and behaving abusively towards the medical staff treating them. This is just too shameful.

As you well know from experience, one's day to day actions will ultimately come back to haunt you in one way or another. We have to keep an eye on each other and be patient for just a while longer.

On the other hand, I feel that our campus life would not be complete without the time to meet and talk with others. There are many ways to foster new connections, but "seminars," where we meet faculty members and students through common research themes and approaches, play a particularly important role. There is no doubt that these experiences will broaden your life as a student. In particular, I think first and second-year students are looking for opportunities and ways to learn about these seminars.

The Seminar Syllabus, which will give you a clue about what seminars are, is being prepared for release in mid-July. When the Seminar Syllabus is released, please take your time to read through it (it should contain information about course requirements, etc.). Individual information sessions may be planned, so it is best to contact the faculty member in charge or the members at your affiliated department.

And I expect that the next few weeks will be especially busy with the submission of end-of-semester assignments. I recall that this was a hot topic last year. As I traced my memory, I found that at the end of June last year, a document titled "Problems with online classes: For faculty and staff members" compiled by the Student Counseling Room of Keio University was distributed. Around this time last year, just two months after the start of online classes, I compiled a list of students' comments about their problems.

I went back and read the document again. While I'm sure that some of the problems have been resolved through the experience of the past year, I imagine that the situation of "having a lot of assignments and feeling overwhelmed by constant deadlines" is making a comeback. Although teachers also need to be considerate, pay great care to the content and due dates of assignments. Notifications may not always be received. In addition, changes and corrections may be added depending on the situation. Please check SOL (Class Support System), the Keio University Student Website, and your e-mails frequently.

When we feel pressured about an assignment, we tend to think only of ourselves and forget to care for others, or we become desperate. Don't keep it bottled up all by yourself. Talk to someone about it and you will feel better. (The SFC Wellness Center provides counseling services for students on issues not limited to concerns about assignments.)

Well, tomorrow is the Tanabata Festival. I'm worried about the weather, but I wonder if the fireworks will go off without a hitch. Let's forget about our assignments for a while and look up at the summer sky together, even if it's through a screen. This should leave you feeling (somewhat) refreshed and ready to face the remaining weeks of the spring semester. Don't let your guard down.